お酒のwikipediaについて

5f59a2bbe6ba05c0788fc6357754cf82_s

お酒のwikipediaはその名の通り、お酒に関する情報をまとめたサイトです。

お酒と行っても沢山の種類があります。ビールやワインにウィスキーなどの洋酒があれば、日本酒や焼酎などの和酒もあります。

また、聞いたことはあるけど飲んだことはないというようなマイナーなお酒もありますね。

これらのお酒は名前だけは知っているけど、じゃあ実際にどういう制作過程を経て皆さんのもとへ届けられているか知っていますか?

流石にビールは麦、ワインは葡萄と言うことは知っているひとが多いと思いますが、それではテキーラって一体何なの?となると知らない人が多くいるかと思います。

このページではそんなマイナーなお酒のことでも情報を調べてまとめています。少し興味があるけれど、どういったお酒なのか知ってから飲みたいという方がいましたら、是非参考にして下さい。

お酒の産地

お酒にはそれぞれ産地があります。当然国ごとによって特徴が違います。大きな話で言いますと、寒い国のお酒はアルコール度数が高い場合が多いですね。理由は簡単です。アルコールで体を暖める必要があるからです。

また、南国は量を飲むお酒が人気です。こちらも理由は簡単ですね。喉の渇きを癒やすためにお酒を飲むからです(ただし、実際にはお酒は喉の渇きを癒やしませんが。)

お酒の製造方法

当然、お酒の種類ごとに製造方法が変わります。お酒の最大の違いはやはりこの製造方法ではないでしょうか。この製造方法を大きく分けると、「単発酵」「複発酵」に分けることが出来ます。

単発酵とは、原料自体が糖分を多く含む場合に、原料と酵母のみでお酒を作ることを言います。例えば葡萄や果物を使ったお酒が単発行になります。

複発酵は、原料に糖分があまり含まれない場合に使うお酒です。この場合の糖分はどうするかというと、原料にあるでんぶんに熱を加えて糖分を発生させることから始まります。

また、蒸留と言う方法もあります。蒸留酒は元々アルコールが含まれる物を蒸留させることで、質の良い酒を取り出すことを言います。

お酒のアルコール度数

お酒のアルコール度数はお酒の種類によってバラバラです。最初にも書きましたが寒い国のお酒のアルコール度数は高くなります。例えばロシアでよく飲まれているウォッカ。このウォッカを飲めない人はロシア人として認められないというぐらいの国民酒です。このウォッカは度数がなんと平均40度となっており、最高度数は96度のお酒もあるとか

比較的アルコール度数が少ないお酒というと、ビールですね。ビールの平均度数は4.5%です。先ほどのウォッカと比べるとまるで単なる麦茶のようですね。

家でもお酒を楽しむには

最近は通販で取り寄せることが出来るお酒の種類が増えました。家飲みだからと言っていつも同じお酒を飲むのは味気ないですね。

最後に

このように一概にお酒と言っても、産地や製造方法など様々な条件があります。味が美味しいから香りが好きだからという理由でお酒を呑むのも言いですが、歴史や情報を知ってみると今まで以上にお酒を楽しむことが出来ると思います。それでは、個別ページでそれぞれのお酒の情報を御覧ください。