ビールの製造方法や歴史など

20f4e1d5a374f2febf31e752567db86e_s

このページではビールの製造方法や歴史について情報を書いています。お酒といえばビールを想像する人も多いはず、しかしビールの製造方法って意外と知らない人が多いのですよ。

ビールについて

ビールといえばサラリーマンの味方!疲れた体をシャキッとさせてくれる炭酸と冷えがたまらないお酒ですね。家飲みでも缶ビールを愛用し、外飲みでも生チューを愛用する人はきっと多いはず。

ビールの製造方法

ビールの製造方法はご存じですか?製造方法は知らないけれど原料なら知っているという人は多いかもしれません。原料は麦ですね。ただし、単なる麦をそのまま使うわけではありません。むぎの成長を途中で止めて、根を取り除いたいわゆる麦芽を使うのです。

その麦芽と米やコーン、スターチなどと一緒に煮込むことで、麦芽糖が発生し麦汁が完成、その麦汁にホップを加えて仕込みが完了。お酒になる準備が完了します。

最後は醸造ですが、麦汁にビール酵母を足し10日ほど熟成させることでビールとなります。ビールって短期間ではありますが熟成させてるのですね。

ビールの歴史

ビールの歴史はとても古いと言われています。なんと紀元前8000年にはビールの原点となるものが誕生していたとも言われています。ただし、今と製造方法は全く違い、一旦麦でパンを作り、そのパンを発酵させてお酒としていたようです。

ビールといえばドイツのイメージがありますが、ビールが中世ヨーロッパに伝わったのは11世紀後半と言われています。特にドイツでは、1516年にビール純粋令は発令され、一定位以上の質を担保していないビールはビールとして認めないという形になりました。

ちなみに缶ビールが生まれたのはドイツではなく米と言われています。1935年にアメリカで缶ビールが誕生したという説が有力です。

ビールの情報その他

ビールのアルコール度数は4%~5.5%と言われています。ビールの主要な飲み方は、常温または冷やして飲む方法ですね。特に日本では凍る一歩手前まで冷やして飲むビールが最高とされています。

ビール全体の30%を泡にすれば美味しいと言われています。そうですビールは泡にまで価値が見出されているのですね。