お酒の種類

558f5589ed8413d70ea99441530b7630_s

お酒の種類は実に様々です。このページでは製造方法毎にお酒の種類を分けてみました。製造方法の説明と該当するお酒の名前をご覧下さい。

醸造酒

醸造酒とは一体何かを簡単に説明しますと、原料と酵母を使って発酵させたお酒のことです。所謂蒸留酒とは違い発酵させてアルコールが発生したままの状態で飲みます。

この醸造酒の中でも「単発酵酒」と「複発酵酒」に分けることが出来、単発酵種は原料自体に糖分が含まれており、複発酵酒はでんぷんに熱を加える事で糖分を発生させる種類のお酒です。

お酒を作る製造過程が最も単純なのが単発酵種となり、例えばワインの製造方法は、つぶしたブドウを発酵させて後は寝かせるだけとなります。

反面、複発酵酒の代表であるビールは、麦汁に米やコーンスターチと一緒に熱し、デンプンを糖分へと変化させる工程が加わります。

    単発酵種のお酒の種類

  • ワイン
  • りんご酒
  • 果実酒
    複発酵種のお酒の種類

  • ビール
  • 日本酒
  • 紹興酒

蒸留酒

蒸留酒とはその文字通り蒸留させることで出来るお酒です。一体何を蒸留させるのかといいますと、先ほど説明した醸造酒を蒸留させます。蒸留酒は醸造酒に比べアルコールが高くなるのが特徴です。また、水を加えてアルコールを下げて製造することが出来るのも特徴です。

醸造酒を加熱することで揮発したアルコール飲みを取り出すのが蒸留酒であり、醸造酒と違いアルコールの種類が一つになり、体内で分解されやすく二日酔いになりにくいお酒でもあります。

ちなみに、蒸留を繰り返すことでどんどんとアルコール度数を高めることが出来ますが、その最高96度となりそれ以上は上げられません。この96度の蒸留酒はロシアで飲まれているようです。

    複発酵種のお酒の種類

  • 焼酎
  • ウィスキー
  • ラム酒
  • テキーラ
  • ブランデー

以上、今回は製造方法別でお酒の種類を紹介しました。

今すぐ痩せたいなら、今すぐ飲むべきサプリ
ファットカットロス