テキーラの製造方法や歴史など

こちらのページではテキーラについてについての情報を掲載しています。テキーラはどうしてもアルコール度数が強いイメージがあり、男性と比べて女性はあまり好んで飲まない傾向にあります。男性でももちろん苦手な方はいると思います。そんな方々にテキーラについて知ってほしいがためにこちらにテキーラの情報をまとめましたので、以下からご覧ください。

テキーラについて

テキーラはなんといってもアルコール度数が高いというイメージですよね。ではどれくらいの度数かと言いますと、35~55%です。なんとなくしか分からないと思うんで、ここで比較を出してみましょう。

・ビールの度数は3~9%
・ワインの度数は10~15%
・日本酒の度数は15~16%
・カクテル類の度数は8%以下

・テキーラの度数は35~55%

アルコール度数8%以下が一般的に弱いお酒とされています。比較を見て分かると思いますが、テキーラはビールやワインの数倍あるんで、飲むと喉が焼けるような感じになります。飲み過ぎると酒やけして椿鬼奴みたいな声になってしまうかもしれませんね。

テキーラの製造方法

テキーラの原料は、アガベ・アスール・テキラーナ。一言で言っちゃえば植物ですよ。その葉っぱを取り除いて出来た本体を蒸し焼きにし、1週間放置をします。

その後、すりつぶして出来た汁を発酵させます。そして蒸留したものがテキーラです。

テキーラの歴史

テキーラの歴史は日本ではなく、大まかに言うとスペイン人が発明しました。もともとあったプルケと呼ばれる醸造酒から、蒸留させたのがテキーラの根源ですね。

テキーラというネーミングですが、これはテキーラの原料となるアガベ・アスール・テキラーナが収穫できるメキシコハリスコ州にある町から取られたものです。

今ではテキーラという言葉はかっこいいネーミングだと思いますが、発祥の町が変な名前だったらゾッとします。名探偵コナンの黒の組織にもテキーラという人物は出て来なかったことでしょう。

テキーラの情報その他

ここではテキーラの飲み方について触れたいと思います。まずライムを口の中で絞り、そのままテキーラを飲みます。次に塩を舐めるんです。ライムはレモンでもオッケーです。

これはアルコールが強すぎるため、喉を守るためにこうした飲み方があるんです。アルコール度数が高くて強いお酒なのであまり飲み過ぎないようにしましょうね。